【レポート】第2回大会でPOP王座が復活/ピュア・プリンセス会見

Pocket

第2回大会でPOP王座が復活/ピュア・プリンセス会見

4日(木)13時よりPURE-J道場・亀アリーナにて記者会見が開かれ、コマンドボリショイプロデュースによる若手主体興行『ピュア・プリンセス2』の開催が発表された。今大会はPURE-JとOSW(大阪スタイル・レスリング/株式会社ヴイーナス・トウキョウ)による共催で、会見にはボリショイとくいしんぼう仮面が出席した。

ボリショイ「このたびコマンドボリショイ・プロデュース『ピュア・プリンセス2』を開催することになりました。前回はヴィーナス・トウキョウさんに共催して頂いたんですけれども、OSWを旗揚げされたということで協力して頂きます」
くいしんぼう仮面「ボリショイさんとは昔から…僕もキャラクターをやってるんですけれども、僕より先にピエロみたいなね…僕からすればレジェンドですよ。その方とぜひ一緒に何かできないかなと思いまして、今回こういうイベントができることになってぜひご協力させて頂きたいと思います。試合会場にはもちろん当日行かせて頂きますので、何かやれることないですかね? ボリショイさんといえば大先輩なのでね、いいイベントにしましょう!」
ボリショイ「はい。何かおもしろいことができそうな気がします。よろしくお願いします。ピュア・プリンセスっていうのは私が引退した後、いま頑張ってる若手選手たちの闘う場をもっともっと増やせる動きをしたいなと思ってたところから始まったんですけれども、前回は私がまだ現役中。今回は引退した後で、若手育成に以前よりも精力的に関われるようになったので。前回よりもっともっと若手にスポットを当てた大会にできるんじゃないかなと思ってます。その中で、このPOP(プリンセス・オブ・プロレスリング)っていうベルトが2006年からあるんですけれども、最後に安納(サオリ)選手が持っていた第22代王者で(王座返上により)歴史が止まってしまったんですけれども、このタイミングで復活させたいと思います。もう13年も経っているので最初の定義とは変わってくるとは思うんですけれども、若手選手を中心にみんなが自由に狙えるベルトになるように動いていきたいと思います」

━━前回大会から追加されるポイントなどは?
ボリショイ「今回ディアナさんが初めて参戦してくれます。どうしてもスケジュールの都合が合わない団体もあるんですけど、アイスリボンさんも協力態勢で話を進めてます。前回はPURE-Jからは藤ヶ崎矢子とマリ卍の2人が参戦したんですけど、AKARIがデビューし、デビュー戦を目指している久怜愛(くれあ)もいるのでPURE-Jから3人、この大会に出ることになると思います」
━━出場資格にキャリアの規定はある?
ボリショイ「明確にはしてなかったんですけど、自分のイメージでは3年ぐらいですかね。それぞれの団体に若い選手がいて、団体自体がキャリアの浅い選手で構成されている団体もあるので、キャリアが浅くてもトップを張ってる選手もいるし。ピュア・プリンセスではまだスポットの当たっていない選手にもスポットを当てていきたいので、去年デビューした人とかにも注目してほしいです」
━━新しい会場となる浅草花劇場について。
ボリショイ「花やしきの中には『花やしき座』という会場があってJWPの頃からよく使っていたんですけども、そこから50メートルぐらいのところに知らない間にでっかいホールが出来上がってたんです。それが花劇場(かげきじょう)という名前で。花やしきの社長さんがプロレスが好きでリングも常設されていて、1階だけではなくてステージからもプロレスが見れて、2階のバルコニーからも試合が見れるという、どこからでも見やすい会場です」
━━女子プロレスラーと試合する機会も多いが、若手選手の中で注目する選手は?
くいしんぼう「やっぱり、え~…注目する選手!? (少し考えて)それはもちろんPURE-Jの所属選手ですよ! マリ卍選手ですかね。やっぱりこう…ストロングスタイルなところですかね」
ボリショイ「大ざっぱに当てはまりますね」
くいしんぼう「当てはまりましたか?(苦笑)。やっぱり道場で素晴らしい環境でやってるっていうのはPURE-Jさんすごいと思うんで」
ボリショイ「ぜひ練習に来てください」
くいしんぼう「今日、1時間半ぐらいかかりましたよ。往復3時間かかりますからね(苦笑)」
━━前回大会は投票で試合順が決められたが。
ボリショイ「はい。試合以外のところでも、いろいろ企画していきたいと思います。試合順を決める投票も好評だったので、大会を通してリアルタイムでMVPを決めるとか、今までやってなかったことをやってみたいなと思ってます」

コマンドボリショイプロデュース興行 『Pure Princess 2』
◆9月4日(水)東京・浅草花劇場
開場18:00、試合開始19:00
※台東区浅草2-28-1。花やしき内。

◇参加団体
PURE-J、アイスリボン、ディアナほか。
◇チケット料金
特別リングサイド席(最前列)=5000円
リングサイド席(アリーナ2列目&バルコニー最前列)=4000円
※当日はそれぞれ500円増し。女性は1000円(全席種/PURE-J、OSW、当日券のみ対応)、当日のみ高校生=2000円(要身分証)、小中学生=1000円。
◇取扱所
ぴあ、ローソン、イープラス、水道橋チャンピオン、後楽園ホール5F、書泉グランデ、OSW(株式会社ヴィーナス・トウキョウ)、PURE-J。
※7月中旬発売予定
◇主催&問い合わせ
PURE-J女子プロレス 03-5849-2341
OSW 03-5614-2779

Leave a Reply

Your email address will not be published.