【レポート】10月11日(日)亀アリーナ大会 16時

Pocket


10月11日(日)亀アリーナ大会 16:00
「第12回40人限定特別亀アリーナマッチ」

 PURE-Jのホーム・亀アリーナマッチ。第1試合は18日の板橋大会で退団するマリ卍と、大空ちえによるシングル対決。丸め込みやヒザ十字固めで攻め込んでいく大空は、マリのラビストラルもカウント2でキックアウトし15分時間切れに持ち込んでみせる。
 続く第2試合では同じく退団する勝愛実がAKARIと対戦。ラリアット、バックハンドブローで追い込む勝はリバース・スプラッシュを放つが、これをかわしたAKARIは勝の腕を取るとムイ・ビエンに捕らえてギブアップ勝ち。旅立っていく先輩から大金星を上げてみせた。
 メインイベントは『秋の運動会』と題されたタッグマッチで、Leon&中森華子と『WANTED☆ウォリアーズ』KAZUKI&ライディーン鋼が対峙。体操着で入場する3人に対し、最後に現れたLeonのみ通常コスチュームで現れ、「筋肉が体操着なんだよ」とポーズをつけて筋肉を誇示する。試合中に2フォールカウントを奪うと運動会種目での闘いに移行し、そこで勝てば決着という特殊ルールでの闘い。騎馬戦ではKAZUKIが鋼を支えきれず試合続行、組体操では「シャチホコ」でWANTEDが先に体勢を崩したため試合続行、綱引きはWANTEDが勝利し、またしても続行…。第4種目の基礎体リレーはスクワット→腕立て伏せ→腹筋を早さを競う形で、中森とLeonが勝利して決着となった。
 カーテンコールでは大空が「マリさんに勝つつもりで臨んだんですけども引き分けてしまったので…。もっともっとこれからレベルアップして、どんな選手にも勝てるように頑張りたいと思います」、AKARIは「マナミさんホントにありがとうございました」とコメント。マリは「本日の亀アリーナマッチは所属として最後の闘いでした。次は板橋大会、愛実さんとシングルマッチ。学んだことの集大成を見せれるように頑張っていきたいと思いますので、ぜひ見届けて頂けたら嬉しいです。今日はちえとのシングルマッチ、明るく元気に自分のぶんも頑張ってほしいと思います!」、続いて勝は「AKARI、私に勝ったからって泣いてんじゃないよ! これからPURE-J背負ってくんでしょ? 私はPURE-Jを離れてもちゃんと見てますから。AKARIがトップに立つところをしっかり見ていきますから!(笑) (泣き出すAKARIに対し)エチャレ(※スペイン語)だよ! 来週はPURE-J所属として最後の板橋大会となります。私はマリと一緒にやっていくっていうこれからの決意も込めて、私たちにしかできない闘いをお見せしたいと思いますので。絶対絶対見に来てほしいです、私たちのラスト! ぜひ足を運んで頂けると嬉しいです」。
 KAZUKIは「今日の負けは私が悪いです。今日の借りは来週の板橋大会の米山戦で、このルールを採用して晴らしたいと思います」と意気込み。鋼は中森に対し「今日、私からは勝ってないですよね? 自分もシングルで勝ったことないけど、板橋は絶対勝って無差別の挑戦権取りますよ!」。中森は「来週は必ず鋼から勝って、11月3日はLeonさんの前に立ちたいと思います。私が2冠チャンピオンとしてPURE-Jを盛り上げていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします!」と話した。
▼脳しんとうによる欠場が続く久令愛が久しぶりに来場。「これからも変わらず応援して頂ければと思います」とあいさつした。

Leave a Reply

Your email address will not be published.