【情報】塚田久怜愛がプロテストに合格

Pocket

PURE-J練習生・塚田久怜愛がプロテストに合格

21日(金)、PURE-J道場・亀アリーナにて4月より入寮した練習生・塚田久怜愛(くれあ)のプロテストが実施された。基礎の運動、受け身、ロープワーク、スパーリングと続き、自己PRでは最近練習しているというショルダータックルでライディーン鋼とぶつかり合う。
審査員による協議の結果、ボリショイは「まだ課題は山積みだけど、まずは合格です。ダメだったところはこれからの練習で。もっともっと感情を出して、プロレスをやりたい気持ちがお客さんにも伝わるように。デビュー戦の日はまだ未定です」と合格を告げた。
19歳の塚田は身長163cm、体重71kgの恵まれた体格が魅力。引き続きデビューに向けての闘いが続いていく。



★合格後のコメント
「練習でやっていて“もっとできたのにな”って思うのが正直なところで。
先ほども課題はいっぱい見つかったので、このプロテストが自分としても満足できないものだとしたら、これから練習して成長していくことしかないんだなって思いました。
今日という日が最低ライン…今までの2ヶ月間で最低限の力量で、これから下げちゃいけないと思います。
練習して成長していく…それしかないって思ったら、もうなんか自分は幸せだなと思いまして…。寝ても覚めても練習できる場所にいれることもありがたいですし、頑張れば頑張ったぶんだけ“合格”っていう結果で返ってくるんだなって思ったので、ずーっと泣きそうです、さっきから(笑)。とても幸せです、今」
━━上京してから現在までを振り返って。
「日々を過ごしていけば環境には慣れていくもので、私の場合は寂しいとかはなくて“この場に馴染んでいかないと”っていう気持ちが強かったので、不自由ではなかったですね。寝て起きてご飯食べれてお風呂入れてる時点で、もうずいぶん恵まれてますし、なんにもできない状態から入ってる自分を置いてくださってる時点で幸せなんで。大丈夫です。慣れない筋トレとかで体には正直に出てきましたけど、それでも辞めたいと思うことが今まで1回もないので。きっと続けていけると思いました」

Leave a Reply

Your email address will not be published.