【見どころ】1月24日(日)板橋グリーンホール 13時

Pocket

1月24日(日)板橋グリーンホール 13時「Fight together 2021」
1、第24代POP王座決定トーナメント・1回戦 シングルマッチ 無制限1本勝負大空ちえ vs 谷もも(Beginning)

 昨年末にアイスリボンの鈴季すずが返上したPOP(プリンセス・オブ・プロレスリング)王座を争う、4選手によるトーナメントが開幕する。長い歴史を持つPOPのベルトだが、2019年9月に若手選手が主体となる大会『ピュア・プリンセス』で大会MVPに与えられる形で復活し、その際に鈴季すずが戴冠。今回から本来の形に戻り、キャリア4年以内の選手による試合の勝敗で争われることになった。PURE-Jでもっともキャリアの浅い大空ちえ、そしてWANTED入りでレギュラー参戦中の谷もも。初めてのチャンピオンベルト奪取に向けて王手をかけるのはどちらか?

2、第24代POP王座決定トーナメント・1回戦 シングルマッチ 無制限1本勝負AKARI vs マドレーヌ(ディアナ)

 同じくトーナメント1回戦。ベルトを管理するPURE-Jの代表選手としてAKARIにとっては絶対に負けられない闘いとなる。一方で1・11板橋大会で試合後に泣きながら参戦要求したマドレーヌにとっても大きなチャンス。プロレスと格闘技の二刀流を模索するマドレーヌにとっては目に見える結果を出したいところだ。

3、続々・迷勝負数え歌 タッグマッチ 時間未定KAZUKI&ライディーン鋼 vs 米山香織&真琴※KAZUKI考案特別ルールあり

 前回の板橋大会では互いの顔に落書きをされながらの闘いで爆笑を誘ったKAZUKIと米山香織が、今大会ではKAZUKI考案の特別ルールによるタッグマッチで激突する。KAZUKIのパートナーは盟友・ライディーン鋼。米山は「ゴキゲンだから!」という理由で真琴をパートナーに指名し、米山が主催するYMZ以外では珍しい『よねやまこと』での出陣となる。真琴は「Twitterで“This is YMZタッグだ!”とファンの方の投稿をお見かけし、とても光栄でした! 米山さんの手となり足となり、かゆいところに手が届く…そんな存在に近づけるよう頑張ります!」と意気込みを語っている。

4、タッグマッチ 30分1本勝負Leon&茉莉(color’s) vs 中森華子&春日萌花

 メインイベントは無差別級王者・Leonがアクトレスガールズの茉莉と初タッグを結成。中森華子は春日萌花とともに対角コーナーに立つ。春日は「年が明けて2021年の初○○はあらかた経験したはずでした。初詣、初夢、初試合に初PURE-J。…が!初Leon選手がまだでした!初vs無差別チャンピオン!! 中森とのタッグも今年初。茉莉選手に至っては闘うのがそもそも初めてなんではなかろうか。世の中だけでなく、自分自身としても、今年は大きな変化のある一年になりそうです。流れに乗れるかどうか。この試合に掛かってると言っても過言ではありません!」とコメント。21年目に突入したLeon、タッグ王座をキープしながら虎視眈々と返り咲きを狙う中森…果たして勝負の行方は?

Leave a Reply

Your email address will not be published.