【見どころ】10月6日(日)BASEMENT MONSTAR王子 13時

Pocket

10月6日(日)BASEMENT MONSTAR王子 13:00
「PURE-SLAMシリーズvol.5」

1)シングルマッチ 15分1本勝負久令愛 vs 優宇(プロレスリングEVE)

 約3ヶ月ぶりの王子大会。オープニングマッチにはイギリスの団体『EVE』の所属選手で、OZアカデミーやセンダイガールズにもレギュラー参戦中の優宇(ゆう)が登場。増量を続け90kgほどある優宇に対し、デビュー2ヶ月の久令愛はどのように迎え撃つのか? 見る者たちを、あっと驚かせるような場面に期待したい。

2)シングルマッチ 15分1本勝負AKARI vs マリ卍

 マリ卍とAKARIによるPURE-J純血対決。両者のシングルマッチはゴールデンウイークの板橋大会以来2回目となる。「AKARIの引き出しの多さは前回のシングルでも痛感しているのですが、1番キャリアが近い後輩なので意地でも負けたくありません。しっかり勝って1期生の意地を見せたいと思います!」と話すマリ卍。ここ最近、自力での勝ち星を増やしているAKARIは、ここで1年先輩のマリを超えることができるか?

3)シングルマッチ 20分1本勝負 ライディーン鋼 vs 朱里

 総合格闘技・UFCで2年に渡り世界を股にかけて闘ってきた朱里が、8月よりプロレス界に復帰。初参戦となるPURE-Jで最重量級ファイター・ライディーン鋼と激突する。打撃、関節技と攻守に渡ってスキのないファイトを誇る朱里だが、鋼の爆発的なパワーファイトには手を焼かされるだろう。鋼にとっては存在感をアピールするためにこの上ない相手であり、今大会の中でも特に注目に値する好カードだ。 
4)特別ルール シングルマッチKAZUKI vs 米山香織

 6月と7月の浅草大会で2度のシングル対決を行なったKAZUKIと米山香織。前回は特別ルールをくわえての3本勝負で痛み分けに終わっており、今回はその決着戦のような位置づけとなる。この試合でも特別ルールの投入を予告している米山に、戦々恐々のKAZUKI。果たして、どのような闘い模様となるのか?

5)スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負中森華子&Leon vs 勝愛実&山下りな

 9・29浅草花劇場で中森華子が松本浩代を相手に無差別級王座を防衛。デビュー戦からの13年間で1度も勝てなかった同期であり、女子プロレス界のトップ戦線で活躍する松本からの初勝利に喜びを爆発させる中森の前に、立ちはだかったのが山下りな。山下が拠点とする大阪でのタイトルマッチを翌週に控え、今大会はその前哨戦となる。6月に初めてタッグを組んだ2人だが、これまで対戦する機会はほとんどなくシングルマッチでの対戦は初めてという。中森は「ホントにすごい選手だと思ってるし、PURE-Jにとっても刺激的。大阪のメインでベルトを懸けて闘えるのは嬉しいです」とコメント。虎視眈々と王座を狙い続けるLeonと勝愛実がおとなしく引き立て役に甘んじるはずもなく、4人の激しい自己主張のぶつかり合いが大きなテーマとなる。

Leave a Reply

Your email address will not be published.