【見どころ】11月17日(日)BASEMENT MONSTAR王子 13時

Pocket

◇11月17日(日)BASEMENT MONSTAR王子 13時「PURE-SLAMシリーズvol.9」※オフィシャル記者寄稿

1)シングルマッチ 20分1本勝負AKARI vs 関口翔(Beginning)

 1ヶ月ぶりの王子大会のオープニングを飾るのは、AKARIとアクトレスガールズ・関口翔のシングル対決。OZアカデミーへのレギュラー参戦から、12月の後楽園大会では尾崎魔弓の持つシングル王座への挑戦が決まるなど注目度の高まる関口。しかしAKARIもメキメキと地力をつけているだけに、スキを突いての関節技で勝利を奪い取るチャンスもあるはずだ。

2)シングルマッチ 20分1本勝負Leon vs 川畑梨瑚(Color’s)

 若い選手に胸を貸すことも多いLeonだが、今大会ではアクトレスガールズ・川畑梨瑚を迎え撃つ。「川畑選手はデビューしてまだ1年だけど、身体能力も高く成長著しい選手。初対戦になりますが、どこまで向かってくるか楽しみです」と話しており、アクロバティックな動きを持ち味とする川畑との、スピーディーでテクニカルな攻防が期待される。

3)タッグマッチ 20分1本勝負真琴&久令愛 vs 勝愛実&マリ卍

 『愛卍』勝愛実&マリ卍と、久令愛&真琴による異色タッグ対決。「タッグベルトを狙っているのは愛卍だけじゃないってこと重々分かっています。ある意味このカードは、愛卍にとっては絶好のチャンス。愛卍という存在をこの試合で、私たちの闘いできっちりと刻み込んでみせます」と勝利を誓う勝。マリ卍も「どんなタッグなのか想像がつかないのですが、愛卍のタッグ力を見せつけるチャンスだと思うので、しっかり勝って存在をアピールしたいと思います」と同調する。他団体への参戦も増え、元気いっぱいのファイトで高評価を得ている久令愛が勝負の鍵を握っている。

4)迷勝負数え歌 シングルマッチKAZUKI vs 米山香織※ルール、時間は後日発表

 特殊ルールでの闘いが続いているKAZUKIと米山香織の闘いが『迷勝負数え歌』として、ついにシリーズ化(?)。いつもと違うシチュエーションをいかに利用し、頭脳戦を制するのは果たしてどちらになるのか?

5)スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負中森華子&ライディーン鋼 vs春日萌花&小林香萌

 11・4大阪大会で山下りなとの激闘を制し、無差別級王座の防衛記録を4に伸ばした中森華子は、次期挑戦者として春日萌花を指名。春日もすぐさま呼応し、年内最終戦となる12・29浅草花劇場でのタイトルマッチが決定すると、額をつけ合っての舌戦から張り手を応酬するなど早くも火花を散らした。前哨戦第一弾となる今大会ではそれぞれライディーン鋼と小林香萌をパートナーに迎えてのメインイベント。PURE-Jの中心を巡る闘いは、いよいよクライマックスへ。今、その火ぶたが切って落とされる。

Leave a Reply

Your email address will not be published.