【見どころ】11月25日(日) 北千住・ホワイトスタジオ 13:00

Pocket

11月25日(日)

北千住・ホワイトスタジオ 13:00

1、シングルマッチ 20分1本勝負
マリ卍 vs 桃野美桜(Marvelous)

 3度目の開催となる北千住・東京芸術センター大会は昼夜での開催。オープニングマッチではマリ卍がマーベラス・桃野美桜との初対決に挑む。各団体から引っぱりだこの人気でスピード、テクニック、インサイドワークとも高い評価を得ている桃野。体格こそ上回るマリだが、突破口を見い出すことができるか?

2、シングルマッチ 20分1本勝負
Leon vs 神童ミコト(Marvelous)

 デビュー3ヶ月半のマーベラス・神童ミコトがPURE-J初参戦。147cmの小さな体から勢いよく放つドロップキックやエルボーの連打を武器に、経験値を積み重ねている神童。Leonの高い壁をぐらつかせるような健闘に期待がかかる。

3、デイリースポーツ認定女子タッグ・次期挑戦者決定リーグ戦 20分1本勝負
藤ヶ崎矢子&春日萌花 vs 本間多恵(Beginning)&清水ひかり(Beginning)

 前週の王子大会で開幕したタッグ王座挑戦権を争うリーグ戦。本命の『WANTED☆ウォリアーズ』から金星をあげて驚かせた『J@st do it』の本間は、「お客さんの盛り上がりを見てると“まさか”だったのかな? って。ひかりとの課題も見えたのでしっかり練習して、あと2勝して挑戦権を得たいと思います」と意気込み。一方、勝愛実&沙紀に敗れて後がない『萌え矢っ子』藤ヶ崎矢子&春日萌花。PURE-Jの中心を狙うと宣言した2人にとっては、もう負けることは許されない。

4、 ピュアバトル シングルマッチ 20分1本勝負
KAZUKI vs 勝愛実

 ひとたび対峙すればバチバチのファイトを繰り広げることに定評のある2人のシングル対決が、セミファイナルにラインナップされた。今月17日の浅草プロレス旗揚げ戦ではタッグマッチながら勝が勝利しており、KAZUKIはリベンジを期しているだろう。また、トップの座を狙い続ける勝にとって落としていい試合など1つもない。今回も激戦は必至だ。

5、スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
中森華子&ライディーン鋼 vs コマンドボリショイ&中島安里紗(SEAdLINNNG)

 SEAdLINNNGの中島安里紗が8月の後楽園大会以来の参戦を果たし、数年ぶりにコマンドボリショイとのタッグが実現。それだけでも十分に注目度は高いが、12・9後楽園で無差別級王座を懸けての対戦が決まっている中森華子との前哨戦となっている。PURE-J3選手の中に入っての中島の闘いぶり、中森と中島の心理戦などポイントは尽きないが、5月の板橋大会で中島に肉薄した鋼もこの中に埋もれることがあってはならない。2週間後に迫る後楽園大会の輪郭が少しずつ見えてくることになりそうだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.