【見どころ】2月16日(日)北千住・東京芸術センター ホワイトスタジオ 13時

Pocket

2月16日(日)北千住・東京芸術センター ホワイトスタジオ 13:00 「SPRING Fight Vol.3」 ※オフィシャル記者寄稿

1、シングルマッチ 20分1本勝負マリ卍 vs 林亜佑美(Color’s)

 今月2回目の開催となる北千住大会。オープニングマッチにはアクトレスガールズ・林亜佑美がPURE-J初参戦。マリ卍と同期による初対決となる。マリは「明るく元気にわっしょいしているイメージがありますが、明るさなら負けません! この大会を盛り上げるのも、試合を制するのも、このマリ卍です!」と意気込み。林は「すごいパワフルで元気なイメージがありますが、自分もみんなを元気にするパワーは負けてないと思うので。まずPURE-Jさんに出るのが初めてなので、わっしょいのパワーも見せつけていきたいなと思います」と話しており、ハイテンションな闘いで会場を盛り上げてくれるだろう。

2、タッグマッチ 20分1本勝負AKARI&久令愛 vs 愛海(センダイガールズ)&本間多恵(Beginning)

 AKARIと久令愛の同期タッグが、本間多恵&愛海という異色タッグと激突。中学3年生のセンダイガールズ・ワールドジュニア王者・愛海はPURE-J初参戦。3日後の仙女・宮城野区大会ではAKARIがこのベルトに挑戦することが決まっており、今大会が前哨戦となる。大きなチャンスを手に入れたAKARIが燃えるのはさることながら、久令愛と本間の関節技による攻防にも注目したい。

3、シングルマッチ 20分1本勝負勝愛実 vs 神童ミコト(Marvelous)

 勝愛実と神童ミコトによるシングル対決。タッグマッチでは昨年に他団体で1度対戦したことがあるという両者だが、シングルマッチは初めてとなる。神童は「前回は試合の中でもあまり当たることがなかったと思います。YouTubeとかで試合を見て勉強したんですけど、勝さんは“バーン!!”って来るイメージがあります。でも自分は“クルッ”てやるのが得意なので、神童ミコトを印象づけたいなと思います」とコメント。持ち味であるスピードの速さと、切れ味鋭い丸め込みで金星を狙っている。

4、ピュアバトル シングルマッチ 30分1本勝負KAZUKI vs ライディーン鋼

 2・2北千住大会での3WAYマッチを制し『WANTED☆ウォリアーズ』としてタッグ王座への挑戦権を手に入れたKAZUKIは、ライディーン鋼と新加入の谷ももにチャンスを託し2・24板橋大会でのタイトルマッチが決定。そしてKAZUKIは今大会での鋼との一騎打ちを申し出た。ぶつかり合うことで互いの絆を確かめつつ、チームとして今後の躍進を目指すべく、気合いを注入するための闘いでもある。鋼にとってはKAZUKIをきっちりと倒し、タイトルマッチに向けて弾みをつけたいところだ。

5、スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負中森華子&水波綾 vs Leon&春日萌花

 メインイベントでは中森華子と水波綾がタッグを結成し、Leon&春日萌花と激突する。昨年末に無差別級王座を懸けて激戦を繰り広げた中森と春日は約2ヶ月ぶりの対峙。以前は同じ団体にいた春日と水波の顔合わせも注目ポイントとなるだろう。中森は「水波とは初タッグではないけれど、新鮮で刺激的! どんな化学反応が起こるのか楽しみつつ、無差別級王者の強さをお魅せします!」とコメント。Leonは「隣にはタッグチャンピオン、対角には無差別級チャンピオン。そして久々に対戦する水波アニキ。最高に燃えますね! 20周年イヤー、今後の行く末を示すためにもこの激熱な戦いを制します!」と勝利を誓う。

Leave a Reply

Your email address will not be published.