【見どころ】5月3日(金・祝)板橋グリーンホール 13時

Pocket

5月3日(金・祝)板橋グリーンホール 13:00
『GW板橋3DAYS祭り 2019 レッツゴー!令和!vol.1』
1、令和元年初シングルマッチ 30分1本勝負
Leonvs紺乃美鶴(我闘雲舞)
 令和となって初めての大会は、ゴールデンウイーク恒例の板橋3連戦。オープニングマッチにはいきなりLeonが登場。我闘雲舞(ガトームーブ)・紺乃美鶴との対戦に「1年前にタッグで対戦しましたが、正統派でしっかりしたプロレスをする選手だなというのがすごく印象に残っています。先日我闘雲舞に参戦した時に彼女の試合を久々に見ましたが、技の力強さが増し成長を感じたので、どこまで食らいついてくるか楽しみです!」と受けて立つ。
2、令和元年初シングルマッチ 30分1本勝負
AKARI vs米山香織
 デビュー4戦目のAKARIは米山香織にチャレンジ。リング上にボリショイのいなくなったPURE-Jだが、ボリショイから受け継いだコスチュームでワキ固めやヒザ立ちのアルゼンチン・バックブリーカーなど直伝の技を繰り出すAKARIは、国籍は違えど後継者の1人。変幻自在の実力者・米山を相手に、思い切りよくぶつかっていってほしい。
3、令和元年初シングルマッチ 30分1本勝負
藤ヶ崎矢子 vs 倉垣翼
 家庭の事情により、この3連戦をもって休業することが発表された藤ヶ崎矢子は、倉垣翼とのシングル対決に挑むことになった。藤ヶ崎は「去年の年内最終興行以来のシングルが組まれてすごく嬉しい。悔いなく爪痕を残せるように頑張りたいです」とコメント。さらに重量感と圧力を増したヒップアタックで倉垣を打ち倒すことができるか?
4、令和元年初シングルマッチ 30分1本勝負
中森華子vs春日萌花

 4・21後楽園ホール大会でLeonを破り無差別級チャンピオンに返り咲いた中森華子と、PURE-Jの中心を狙う春日萌花のシングル対決。中森は「令和初シングルにふさわしい、とっても意味のある闘いだと思っています。PURE-J認定無差別級チャンピオンの強さ、恐ろしさを見せつけきっちり勝利します!」とコメント。自身満々の新王者に対し、春日はどのように攻略するのか?
5、デイリースポーツ認定女子タッグ選手権 30分1本勝負
[王者] KAZUKI&ライディーン鋼 vs 勝愛実&マリ卍 [挑戦者]

 4・21後楽園ホール大会でのPURE-J純血メンバーによる6人タッグマッチで勝愛実がライディーン鋼に勝利。KAZUKIからの挑発を受けた勝は、マリ卍とともにタッグ王座への挑戦をアピールしたことで早くも実現に至った。勝は「新時代と共にこの『愛卍』(あいまんじ)を育てていくことが、今のPURE-Jを活性化させることにつながると思っています。令和の最初にタッグチャンピオンになり、ウォリアーズの時代は終わらせます」。マリ卍は「初のタイトルマッチ。私は自分の手でチャンスをつかみ、それをモノにできる選手になりたい。チャンスをモノにしたいです。PURE-Jに新しい風を吹かせるのは愛卍。生まれ変わったマリ卍で挑みます」と意気込み。『WANTED☆ウォリアーズ』KAZUKI&ライディーン鋼が鉄壁の連係で強さを見せつけるのか? タッグチームとしてはまだ未完成の『愛卍』が勢いのままに時代を手繰り寄せるのか? 令和元年、3連戦の初日にいきなりのクライマックスを迎える。

Leave a Reply

Your email address will not be published.