【見どころ】5月5日(日)板橋グリーンホール 17:30

Pocket

5月5日(日)板橋グリーンホール 17:30
『GW板橋3DAYS祭り 2019 レッツゴー!令和!vol.3』

1、ピュアバトル シングルマッチ 20分1本勝負
マリ卍 vs AKARI

板橋3連戦、3日目のオープニングマッチを飾るのはマリ卍とAKARIのシングル初対決。1番フレッシュなPURE-J純血の顔合わせとなる。マリ卍は「私も去年、デビューしてすぐにGW3連戦で、この大変さは今でも覚えています。私自身、後輩との対戦も初なので、しっかりと受け止めてきっちり勝ちたいと思います」と意気込みを語った。

2、シングルマッチ 20分1本勝負
Leon vs 谷もも(Beginning)

アクトレスガールズから谷ももが3度目のPURE-J参戦。Leonの壁にシングルで挑むことになった。Leonは「花やしき大会でKAZUKIさんとのシングルを見ましたが、得意のヒザ攻撃を駆使し、なかなか良い動きをする選手だなと思いました。かなり粘ってたし、どんな攻撃をしかけてくるか、どこまで食らいついてくるか期待したいです」と評価し、期待を寄せる。

3、シングルマッチ 20分1本勝負
藤ヶ崎矢子 vs 駿河メイ(我闘雲舞)

この試合を最後に休業に入る藤ヶ崎矢子は、我闘雲舞(ガトームーブ)の元気娘・駿河メイを迎え撃つ。藤ヶ崎は「休業前に最後にメイちゃんと初シングル。ずっと前から対戦してみたかったからすごく楽しみです。最後まで矢子らしく勝利して、悔いのなく闘い抜けるように頑張ります」とコメント。しばらくの間、戦列を離れるビジュアルハンターの雄姿を目に焼きつけたい。

4、タッグマッチ 30分1本勝負
KAZUKI&ライディーン vs 米山香織&春日萌花

タッグチャンピオンの『WANTED☆ウォリアーズ』KAZUKI&ライディーン鋼が、米山香織&春日萌花の外敵軍を迎え撃つセミファイナル。デビュー20周年を迎え各団体で充実したファイトを見せる米山、そして虎視眈々とトップを狙う春日は、タッグチームとしての経験こそなくても決して楽に勝てる相手ではないだろう。鋼は「タッグでもシングルでも春日選手に負けているので、このGW最後の試合で春日選手から3カウントを取りにいきたいと思います」とリベンジを誓う。

5、ピュアバトル シングルマッチ 30分1本勝負
中森華子 vs 勝愛実

メインイベントには中森華子と勝愛実のシングル対決がラインナップされた。かつては無差別のベルトを懸けても対戦している2人だが、今回はベルト抜きで対角線に立つ。勝は「久々のシングルメイン。このカードは去年の8月11日、後楽園大会ぶりとなります。4月21日の後楽園大会の試合(無差別戦・Leon vs 中森)はとても凄まじかったですが、さらに激アツな闘いをして、トップ争いに食い込んでいきますとコメント。中森は「GW最終日のメインを張るという事。このシングルマッチが組まれた意味。愛実はきっと理解できていると思うので、すべてをこの試合にぶつけて欲しいです。これからを作っていくのは私たちなのだから」と静かに闘志を燃やしている。

Leave a Reply

Your email address will not be published.