【見どころ】7月14日(日)板橋グリーンホール 13時

Pocket

7月14日(日)板橋グリーンホール 13時
「レッツゴー!令和!vol.9」

1、シングルマッチ 20分1本勝負
マリ卍 vs テキーラ沙弥(アイスリボン)

 浅草大会からわずか4日で迎える板橋大会は、マリ卍とテキーラ沙弥の初対決で幕開け。アイスリボンの最高峰であるICE×∞に挑戦し、今大会の翌日にはタッグ王座挑戦も控えるなど団体内で急上昇している沙弥に対し、マリ卍は「どんな選手なのか調べたところお酒の名前の技が多い!! 同じお酒好きとして負けられないし、後楽園ホール大会まで1ヶ月を切ったので、しっかり勝って自信と勢いをつけていきたいです!」と意気込み。体格を生かした突貫ファイトで勝機をつかめるか?

2、シングルマッチ 20分1本勝負
勝愛実 vs 高瀬みゆき(Beginning)
勝愛実とアクトレスガールズ・高瀬みゆきは1年半ぶりのシングル対決。勝は「この1年半でメキメキと力をつけレスラーとしての魅力を随分と感じる選手になったので、とてもワクワクしています」とコメント。熱血ファイトで各団体を沸かせている高瀬だけに、熱いぶつかり合いとなることは間違いない。

3、シングルマッチ 20分1本勝負
Leon vs 関口翔(Beginning)
 Leonとアクトレスガールズ・関口翔は今年4月の堀田祐美子の板橋大会以来、3ヶ月ぶりのシングル対決。強豪選手の集うOZアカデミーへのレギュラー参戦など着実な成長を見せている関口に対し、Leonは「勢いがあるし、真っ直ぐがむしゃらに向かってきて気持ちの良い選手という印象。成長著しい翔選手がこの3ヶ月でどれだけ成長したか楽しみです」と受けて立つ。

4、シングルマッチ 30分1本勝負
ライディーン鋼 vs 春日萌花
 7・10浅草大会で春日萌花&真琴組がタッグリーグを制し、8・11後楽園大会で『WANTED☆ウォリアーズ』KAZUKI&鋼の持つタッグ王座への挑戦が決定した。PURE-Jの真ん中に立つ決意を改めて宣言した春日は、鋼に対し「今のあなたにPURE-Jの中で存在感、ありますか!? あなたはただ体が大きいだけだ。存在感とかなんにもない! 何より“団体の顔になる”っていう覚悟がまっっったく感じられない!」と酷評。怒った鋼は「絶対後悔させてやるからな」と今大会でのシングルマッチをぶち上げた。単なるタッグ王座の前哨戦では済まされそうにない、緊迫した様相となっている。

5、スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
中森華子&KAZUKI vs永島千佳世&真琴
 8・11後楽園での旗揚げ2周年大会まで残り1ヶ月弱。山下りなとのタッグで春日&真琴に敗れた中森華子は、後楽園でシングルとタッグの両タイトルマッチを行なうという夢が断たれてしまうが、改めて永島千佳世との無差別級タイトルマッチ実現に的を絞り、今大会ではタッグマッチで対峙する。煮え切らない態度で中森とのタイトルマッチを避け続ける永島を、中森は振り向かせることができるのか?

Leave a Reply

Your email address will not be published.