[見所]9月30日(日)板橋グリーンホール13時

Pocket

9月30日(日)板橋グリーンホール「Chase the Chance vol.4」 13時

1)シングルマッチ 20分1本勝負
マリ卍 vs ジュリア(アイスリボン)

オープニングマッチはマリ卍とジュリアの初対決。「試合を見ていて“絞り技が多いのかな?”と自分は少し苦手意識があるのですが、体格は断然自分の方がデカイので!! 絞り技に行かせる前にパワーで圧倒して初勝利をさせて頂きます」と意気込むマリ卍。一方、1ヶ月前に初勝利をあげたばかりのジュリアは「後輩とシングルするっていうのが初めてなんですけれども、体格もしっかりしててパワーもすごい強そうな印象があるので、ウカウカしてらんないという感じですね。先輩として絶対負けられないなと思います」とコメント。キャリアの差はわずか半年。マリの初勝利は見られるか?

2)シングルマッチ 20分1本勝負
KAZUKI vs 駿河メイ(我闘雲舞)

我闘雲舞・さくらえみが主催する『誰でも女子プロレス』からの第一号デビューとなる駿河メイがPURE-J初参戦。今年5月にデビューしたばかりの19歳で、身長148cmと小柄だが元気なファイトで人気を博しており、今月には初のタイ遠征も経験した。果たしてキャリア20年を超えるKAZUKIを相手にどのように立ち向かっていくのか? また、KAZUKIはどのように受け止めるのか?

3)スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
勝愛実&沙紀(Beginning)vs ライディーン鋼&青野敬子(ディアナ)
※青野敬子は最初で最後のPURE-J参戦

10・7ディアナ後楽園大会で23年のプロレスラー人生に終止符を打つ青野敬子が、最初で最後のPURE-J参戦。LLPWでデビューした青野だがJWPに在籍していた期間もあり、形は変われど里帰りともなるメモリアルマッチ。後輩3人の中で何かを残す闘いが期待される。勝&沙紀のタッグと鋼の火花散る肉弾戦にも注目だ。

4)スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
Leon vs 春日萌花

3年ぶりの対戦となるLeonと春日萌花のシングルマッチがセミファイナルにラインナップされた。「Leonさんはテクニシャンなんですけど実はすごく正直な方なので、ダマされやすいじゃないですか?…というところで、ちょっと小ずるくやってみたいなと思います(笑)」とほくそ笑む春日。Leonは「可愛い顔してなかなかのマッスルボディなので、あの強靭な腹筋に『百獣のスピアー』をたくさん叩き込んできっちり勝利します」と必勝を誓う。

5)希月あおいプロデュースマッチ「ラストPUER-J」 タッグマッチ   30分1本勝負
コマンドボリショイ&藤ヶ崎矢子 vs 中森華子&希月あおい

いよいよ残り1週間となり、引退ロード真っ只中の希月あおいが最後のPURE-J参戦。希月によるプロデュースマッチが今大会のメインイベントとなる。パートナーに任命された中森は「あおいと最後のタッグ。組んでいても敵!は変わらないけど、悔いなく! 残酷そしてハッピーに闘います!」と話しているが、対戦相手を務めるボリショイと藤ヶ崎も勝ち逃げはさせられない。最後をハッピーに締めるのはどちらのチームになるのか?

Leave a Reply

Your email address will not be published.