【レポート】9月6日(日)生配信&無観客試合 16時

Pocket


9月6日(日)生配信&無観客試合 16時
『PURE-J Fight together!』
 “ファイティング・ライバー”マリ卍がほぼ毎日配信しているアプリ『LIVE812』にて、2日間に渡るイベント『ハンドメイドマルシェ vol.2』が開催され、初日はマリ卍の新しい入場曲『青春は葛藤だ!』を手掛けるシンガーソングライターのダイチ大佐さんによる無観客ライブに、マリ卍がゲスト出演。2日目はPURE-Jの無観客亀アリーナマッチが無料で生配信された。
 選手入場式に続いてウクレレを持ったマリ卍は、「毎日7時半から9時まで自分はパフォーマンス枠で配信しているんですけれども、今回ダイチ大佐と2DAYSということでコラボレーションさせて頂きました。こういう機会ができたのも“812を始めてなかったら、なかったんじゃないか?”と思うんですけども、落ち着かない情勢の中でですね、最初はファンの方々と交流したいなと思って始めたんですが、4月15日。自分のプロレスラーとしてのデビュー日なんですけども、その日にちょうどウクレレを始めましてウクレレ配信をしています。今日は1曲披露させて頂きたいと思います」とあいさつ。MY LITTLE LOVERの『Hello,Again~昔からある場所~』を歌い上げる。
 PURE-Jでは初の試みとなる生配信プロレス。各選手の入場シーンではこの日に限り、812のライバーの楽曲を各選手が選んで使用し、入場前にウォーミングアップする姿から撮影された。
 第1試合はライディーン鋼が大空ちえを相手にコーナーへの串刺しラリアットからバックドロップ、最後はリバース・スプラッシュでとどめを指す。
 続いて、亀アリーナ名物の束子(たわし)デスマッチで中森華子とKAZUKIが対峙。執拗にたわしをこすりつけて中森に悲鳴を上げさせるKAZUKIだったが、中森が路上で丸め込むとたわしに押しつぶされる形になってしまい3カウントを献上することに。
 ダイチ大佐さんのライブを挟んでのメインイベントは、『愛卍』勝愛実&マリ卍とLeon&AKARIのタッグ対決。連係攻撃でAKARIを捕らえた愛卍が、勝のラリアットからマリがラビストラルで押さえ込んで勝利を上げてみせた
 マイクを持ったマリは、「本日はご視聴いただきまして誠にありがとうございます。プロレスを見たことない人がどのぐらいいたのかホントにわからないし…ただ、自粛中に出会った『LIVE 812』により会場に初めて見に来てくださったという方もいて。そこから私の、配信の闘志が芽生えました。812ではまだまだPURE-Jは知られてないと思うんですけども、こういうご縁を1つ1つ大切にしていきたいと思いましたし、812にまだまだ可能性を感じております。812唯一の女子プロレスラー…今のところ自分だけなので。、812とプロレス、もっともっと盛り上げていけるように頑張りたいと思います」
▼“裏プロデューサー”アキノさんがリング清掃をお手伝い。
▼ダイチ大佐さんは2曲を披露。
▼撮影はボリショイが担当。

Leave a Reply

Your email address will not be published.